プロの外壁塗装業者に出会えたら隅々まで塗ってくれます

sitemap

外壁塗装しませんか?

外壁塗装の見積り書での注意点

近未来的な家

見積り書を外壁塗装業者から渡してもらったら、一体どの部分に注目したら良いのでしょうか? そこでここでは、見積り書中で絶対に確認しなくてならない、重要なポイントに関して、分かりやすく説明させて頂きます。外壁塗装へと入る前には、養生・足場・補修・高圧洗浄である、様々な種類の下地処理などが必ず実施されます。その作業の事を『下地処理一式』などと、見積りを纏めて提示して来る塗装会社とは、契約を絶対に結ばない事です。 ・補修 サイケディングのシーリングなどは、施工面積や一式などと書き記されています。見積り書には一式の言葉が使用されている事が、結構多いのですが、もし違和感や疑問を強く感じるようであれば、迷わず質問するようにして下さい。 ・塗装 見積り書の中でも、1番注目して頂きたいのがこの項目です。『一式』やア『クリル塗料〇平米』と言った具合に書き込んでいる見積りには、呉々もご注意下さい。悪質塗装業者の代表的な詐欺の手口であり、その部分を特に安く見せます。塗料の製造メーカーやタイプは勿論ですが、他にも下塗り・中塗り・上塗りなどと、各作業行程において、詳細内容などを明確に記載している、良心的な外壁塗装会社と契約を交わすようにして下さい。

Topics

TOPへ