プロの外壁塗装業者に出会えたら隅々まで塗ってくれます

sitemap

外壁塗装しませんか?

外壁塗装を検討する外壁の劣化のサイン

綺麗な色合いの家

外壁が劣化してくるのは築10年を過ぎると言われているので外壁塗装をする目安は築10年となっています。そのため築10年を経過すると外壁塗装を検討する人が多いですが、太陽の日差しが強い地域や雨の影響を受けやすい地域などは外壁の劣化が早くなってしまう事もあります。そのため自分で外壁をしっかり見て確認するという事も大切になってきます。そこで外壁の劣化のサインを確認していく事にしましょう。 外壁の劣化のサインは軽いものから酷いものまであるのが特徴で軽いものだと外壁の色あせが挙げられます。外壁の色あせが出ているだけでは劣化と言えるかどうか分かりませんが、劣化の兆候は出ているという事なので外壁塗装を検討しても良い状態です。 外壁の劣化のサインで酷い物だとまず外壁の塗膜が剥がれが挙げられます。外壁の塗膜が剥がれは劣化が原因で放置してしまうと雨漏りが発生してしまう可能性もあります。そのため外壁塗装を検討しなくてはいけない状態です。 外壁の塗膜の剥がれより酷い状態は外壁のひび割れです。外壁のひび割れが発生してしまうと外壁の塗膜が剥がれより雨漏りが発生してしまう可能性が高くなってしまいます。しかもひび割れだと雨漏りの量も多くなってしまいカビが生えてしまう原因になってしまいます。そのため外壁のひび割れが出てきたら外壁塗装をすぐにした方がいいでしょう。

Topics

TOPへ